北海道の炻器粘土で器を作っています。
 二日前の長田の沢の日の入りです。
夕日

 沢底にある我が工房、陽が射すのが遅く

陽が陰るのが早いので、お日様の恩恵を受けるのが

少なく残念。

でも少しずつ春めいてます。
雪溶けの外

木々が根元から、春よ来いと雪を融かしています。

不思議です。根元の雪を融かし春の芽吹きのため

地中の栄養をチュチュとモクモク吸い上げているんですね。

きっと!

スープカップ
(蓋付スープカップ三段重ね)

【2015/02/25 13:40】 | 工房周辺
トラックバック(0) |
 今日の長田の沢、落ち着いた穏やかな日です。

春近し

さて今日は、最近焼いた雑器の紹介です。

スープカップ
蓋皿付スープカップ(11㎝×6㎝)

マグカップ
マグカップ(8㎝×8㎝)

楕円鉢
楕円鉢(16㎝×14㎝×6㎝)

湯呑
湯呑茶碗(7,5㎝×7,5㎝)

変形盃
変形盃(9㎝×6,5㎝×5,5㎝)

薬味入れ
薬味入れ(7㎝×14㎝×7㎝)

以上6種の紹介です。チカホに出没予定です。

【2015/02/19 12:56】 | 作品紹介
トラックバック(0) |
 今日の赤平はまっ晴れです!

でも我が工房は長田の沢の谷間なので

お日様の恩恵を受けられるのは10時ころ

からです。
沢を照らし出したお日様

 お日様に自然に手が合わされます。

 合掌!

【2015/02/17 09:41】 | 朝の工房
トラックバック(0) |
 今日、3月のチカホでの催事DMが届きました。
3月のチカホ1
3月のチカホ2

 北海道炻器 白戸窯は、3日~4日の前半に出店します。

 素晴らしい、チカホの空間で皆様とお会いできることを

楽しみにしております。

【2015/02/16 21:30】 | 催事
トラックバック(0) |
 日中、外で聞きなれない鳥の声が…

外へ出てみると、オジロワシが3羽、カラスに追われ

鳴いていた。2羽は遠くへ逃げたが

1羽は木にとまり、カラスの威嚇をうけていたが
オジロワシ

そのオジロワシもヨタヨタと飛び立ち、カラスに追いかけ

られながらも長田の沢を出ていきました。

長田の沢のカラスは縄張りを守るため

必至の空中戦、追われたオジロワシは

怪我でもしていたのか、ヨタヨタと逃げていきました。

自然界もキビシイ世界ですね!

【2015/02/12 00:19】 | 工房周辺
トラックバック(0) |
 長田の沢の今日の風は

なぜか春の微香が~?

でも、まだ2月前半!

 工房内は隙間風がスースーと~寒いので

薪をガンガン焚いていると

 土ほこりの床の片隅で

開いたり閉じたり、羽を動かす

チョウチョ発見!だ大発見!!?

越冬ツバメ♪チョウチョ!!
エルタテハ1
エルタテハ2

さっそく大チョウ査!調べたところ

姓は「エル」・名は「タテハ」。

 巷では、「エルタテハ」と呼ばれてるみたいです。

工房内のちょっとした出来事でした。

 その後は…

まだ、春には早いと気が付いたらしく

工房の数ある隙間でお休みしたみたいです。おわり!

【2015/02/09 17:39】 | 工房周辺
トラックバック(0) |
 今日の朝の長田の沢です。
今日の朝
朝は大変シバレましたよ~!

 前回の札幌チカホ催事で、海外の方が

白戸窯の盃というか御猪口というかぐい呑みというか

とにかく、日本酒を飲む小さな器を買ってくれました。

海外でも日本酒が広がりつつあるのかな!

 酒器という器も色々あるので、作り手としてちゃんと勉強しなきゃ!

最近焼いた灰釉の変形盃です。
灰釉変形盃
(8,5㎝×6㎝×3,5㎝)

【2015/02/05 18:42】 | 作品紹介
トラックバック(0) |
今日は、ここ長田の沢も晴天で~す。

工房の薪ストーブの灰も貯まってきたので

灰釉を作ってみました。

もちろん、主役は工房のストーブ灰(主にトドマツ)

脇役にモミガラ灰(品種は不明)

チョイ役に道内陶石(産地は秘密)

監督は私(白戸窯主)

主役・脇役・チョイ役に適量のエッチな二人の王を入れて混合!

これで灰釉の出来上がり。

さっそく北海道炻器粘土の花入れに掛けて

Rファイヤーで焼成しました。
灰釉

天然灰の微妙で複雑な色合いが谷間を覆う青空に映えて

いいね~!

【2015/02/03 12:11】 | 作品紹介
トラックバック(0) |
昨日、白老町虎杖浜へ行ってきました。

道東は悪天候の様でしたが、赤平から白老まで

天気も良好、路面状況も良く、愛車も愚図らず

3時間30分で無事、凍土会展会場

「海の別邸 ふる川」様に到着!
海の別邸 ふる川

到着早々、虎杖浜在住の陶芸家で今回の凍土会展の企画者、吉田南岳氏と

ふる川の社長、古川洋平氏が荷物を展示会場に運んでいただき大変ありがとうございました。

今回の凍土会展の参加者は11名!
中村二夫 ・ 上田隆之 ・ 吉田南岳 ・ 上ノ大作 ・ 北野啓子 ・ 木村美穂子 ・ 鈴木義隆 ・ 三上慶耀
藤原有二 ・ 山下 昇 ・ 白戸孝行 

会場では、皆さん展示終了まじかで、私が一番最後でした。

私の展示状況です。
展示状態

展示終了後、ふる川様のご好意で、大変美味しい食事を会員みんなでいただき、

また、太平洋の水平線を見ながら、まるで海の中に入っている様な感覚を

感じられる露天風呂、最高な温泉!食事と温泉ありがとうございました。

2月1日今日から2か月間、北海道粘土使用の作品とお客様の出会いが

始まります。



【2015/02/01 11:20】 | 凍土会
トラックバック(0) |