北海道の炻器粘土で器を作っています。
 今日は、白老町虎杖浜へ行ってきました。

二か月間開催した凍土会陶芸展の搬出のため

会場である虎杖浜の温泉「心のリゾート海の別邸ふる川」様へ!
海の別邸ふる川

 ご高覧頂いた多くの皆様、会場を提供していただいた古川社長様、陶芸展を企画してくれた地元陶芸家吉田南岳様、
心から感謝いたします。

 そして、素晴らしい温泉につかり心の癒しを頂いてきました。
海の温泉2

 空の左に月齢10の月、右に輝く太陽

そして、目の前をゴメが左から右へと鳴きながら

飛んで行く。

 春の柔らかい水平線!絶品の露天風呂!最高!








【2015/03/31 00:14】 | 凍土会
トラックバック(0) |
 今日は春分の日。長田の沢も天気良く

気持ちの良い日です。
3月21日春分の日

 昼に揚げたフキノトウを頂いただきました。

口の中に広がる苦みに、雪融け水をグイグイ吸い込み

力強く成長しようとするエネルギーを感じ

ワイルドに美味しくイタダキマシタ。

 いよいよ春の楽しみ、山菜の時期到来です。

 イラクサ・セリ・エゾエンゴサク・コゴミ・フキ・ウド

ユキザサ・ギョウジャニンニク・タラノメ・ニリンソウ

エゾノリュウキンカ・タケノコ…などなど!


 フキノトウの写真撮るの忘れたので

伸びたフキノトウ鉄絵酒注ぎで、ご勘弁!!
伸びたフキノトウ文酒注ぎ
200cc入ります。




【2015/03/21 18:26】 | 春の楽しみ
トラックバック(0) |
 春ですね~

雪融け順調に進んでますね~

 ということで、工房裏のカエデの木より

樹液を採取しました。 とりあえず、100ccです。
樹液採集

この樹液、薄い薄い砂糖水の味です。

そうです、カエデの樹液にはショ糖が含まれてます。

さっそく、この樹液で珈琲をオトシてみました。
樹液珈琲

100ccの春の恵み。ウ~ゥ~ン。香ばしい苦みの中に漂うホノカナ甘味。

美味い!

春で~す!ハルです!この記事ブログに貼るで~す!

 次の春の楽しみは、フキノトウかな。

【2015/03/16 17:25】 | 春の楽しみ
トラックバック(0) |
 工房の屋根の雪もすべて流れ落ち

軒下まで雪が溜まっている。


 今から50年くらい前の雪解け時期

自宅の軒下まで溜まった雪を少しでも早く融かすため

スコップで雪を突き刺しザクザクにするのが、小学校から

帰ってきての家の手伝いだった。

 長靴の上に脚絆を履くのだがそれでも長靴の

中に雪が入り靴下を濡らしてしまう、足が冷たくなったら

作業を止め、軒下まで溜まった雪山を登り屋根へ上がる。

屋根のトタンがお日様に暖められとても気持ちがいい。

 さっそく長靴を脱ぎ濡れた靴下を暖まってるトタン屋根の

上に広げ、普段見ることの無い屋根上からの景色を暖かい

日差しを浴びながら楽しんでいた。

 炭鉱町の屋根上は石炭ストーブから出る排煙で汚れて

いたがそんなことは一向に気にならない。暖かいお日様に

近ずけた自分だけの秘密基地だった。


 そんなことを思い出し、工房の屋根で一休み。
屋根上1
屋根上2

【2015/03/14 23:27】 | 工房周辺
トラックバック(0) |
 ♪「東京で見る雪は これが最後ね」と さみしそうに君がつぶやく♪

 弥生三月!北海道で見る雪は これが最後じゃないぞ~とばかに昨夜から降り積もるナゴリ雪。

北海道上空で、別れを惜しむように居座るカップル低気圧!

 偏西風に乗ってサッサとどこかへ飛んでけ~と

雪かき疲れの腰をサスリナガラ、雪空を見上げ

 僕がつぶやく!

3月12日長田の沢
3月12日(木)の長田の沢

【2015/03/12 13:18】 | 工房周辺
トラックバック(0) |
 今日、外は悪天候。

それ幸いにこんな本を読んでみました。
青山二郎

「美とは、それを観た者の発見である。創作である。」

「誰が井戸の茶碗を発見したか。」

「日本の田舎芸術の中から、茶道を発見した男である。」

「一個の茶碗は茶人その人である。一個の茶碗は、その茶碗が語る茶道以上でも以下でもない」

   茶碗か~茶道か~日本人か~フムフム…?

【2015/03/11 23:23】 | 読書
トラックバック(0) |
明日は3月11日です。大震災のあったひです。

私は当日横浜にいたのですが、都会にどれだけ人が居るのか

人と車の超大混雑に大変おどろきました。

そして東北地方の大津波と原発事故、その映像の恐ろしさ

にテレビにくぎずけでした。

私が子供のころ祖母が美味しそうにお茶を飲んでいる

手には、青磁のひびが入った二重に作られた相馬焼の

湯呑茶碗が握られていました。北海道のどこの家庭にも

相馬焼の器があったような記憶があります。

東北を代表する歴史ある焼物相馬焼、場所を移し

再開しているとのこと。また多くの家庭で新しい相馬焼

に会えることを願ってます。



白戸窯の近作品
変形碗
変形茶碗(14,3㎝×10,5㎝×8㎝)








【2015/03/10 14:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
 昨日、札幌で袴姿の若い女性を数名みました。

3月、卒業式の時期なのですね。

私の住む赤平の高校も今年度の卒業生を送り出し閉校です。
赤平高校

 私が赤平で陶芸を始めた数十年前、ラジオを聞きながら仕事をしていると「赤平高校を甲子園に出そう!」とラジオのスピーカから何度かきこえてきました。当時けっして強い野球部ではなかった様ですが。
今思うと、あの放送は、今赤平でドラマの撮影をしている監督ではなかったのかな。

 私の卒業した高校は隣町の芦別でしたが、やはりもう閉校になってますし、幼稚園、小学校、中学校と通った赤平の各学校も今は全てありません。

閉山・閉校・閉店と閉・閉・閉と閉ざされたこの町も、春の陽気に誘われて今年は…多くの人々が訪れる予感がします…

【2015/03/06 12:32】 | 赤平の事
トラックバック(0) |
 チカホ催事を終えて自宅に無事到着。

そして、今回のお客様との会話の中で

色々な意見を頂いたことで次の制作の

参考にしたいとおもいます。

・酒器の盃の口縁の薄さや深さ。

・和食器の色合いは色々な料理に良く合う。

・薬味入れは浅いほうがいい。

・外国の方が和食器や酒器、茶器等を買っていくのは日本の飲食文化が広まっているのだと思う。

などなど三日間の催事の中での対面販売の魅力です。
三日目の展示
(三日目の展示)

【2015/03/06 00:44】 | 催事
トラックバック(0) |
 3月5日(木)今日はチカホ催事最終日です。

 今回の宿泊はカプセルホテルです。

いつも停めているススキノの駐車場職員に

「近くにカプセルホテル在るかい?」と尋ねると

「裏にあるよ」との返事。

さっそく料金を聞きに行くと、会員になると一泊朝食付きで

2600円!さっそく2泊で申し込み。

部屋は一畳の広さでテレビ付、風呂は24時間はいれます。
カプセルホテル
ちなみに愛車の宿泊代(駐車場)は3日間停めっぱなしで2700円

一日900円です。(ジャンボ1000)

初カプセルホテル体験、なかなか、快適でした。


【2015/03/05 06:51】 | 催事
トラックバック(0) |