北海道の炻器粘土で器を作っています。
「凍土会」

私が所属している陶芸団体です。

どんな団体かというと、

2008年2月に設立した、道内の土を50%以上使用して作陶している

陶芸家集団です。

凍てつく土(凍土)は陶土と音が同じで、北海道の厳しい自然環境の中で

活動している陶芸家集団の団体名にふさわしいと「凍土会」とつけました。

当初は23名でしたが、現在は斜里窯の中村二夫会長を含め13名で活動しています。

今年の活動は、

4月19日~24日に旭川デザインギャラリーで凍土会新作展開催します。

19日~20日は日本茶カフェ「にちげつ」様の呈茶・木型干菓子工房「ゆらり」様の

ワークショプの開催があります。

多くの方のご来場お待ちしております。

また、凍土会に興味のある方、問い合わせは

事務局白戸までご連絡ください。
090-1640-2174


【2016/02/24 20:40】 | 凍土会
トラックバック(0) |
最近、道南陶石で磁器の試作をしていて

ふと、呉須での単純な絵付けをしたくなり

北海道でコバルトの産出する鉱山を調べたら

かなり古い本に、様似村「幌満鉱山」と広尾村「広尾鉱山」が

あったのですが、きっと現在は稼働してないとおもう。

そこで、日本の磁器にはどんな呉須が使用されていたのか調べると

有田は長崎奉行の管理下で支那から輸入した「唐呉須」を使用。

その後、瀬戸でも磁器が作られたが、呉須は主に長崎経由の

「唐呉須」が使われたいたが、土産の呉須も使われていたようです。

土産呉須土…フムフム~北海道にもあるのかな?

いったい呉須土とは何者か? 調べてみました。

外観は黒色土状の酸化マンガンに微量のコバルトが含まれたもので

不純物にアルミナ、硅酸、酸化鉄、まれに微量のニッケルが含まれるようで

青の染付顔料として使用した場合、各成分の影響で雅味に富んだ青色の

発色を得られるらしい。

そうか、そうか、草加せんべい、(一日一回のオヤジダジャレを…)

そうだよ!現在使用している手掘り採集した鬼板、特にマンガンが

多く含まれたいる鬼板にほんの少量コバルトを入れて自前呉須土

を作ってみました。そして焼いてみたら
自前の呉須

こんな感じです。

参考のために
(朝鮮総督府燃料選鉱研究所 酸化コバルト製錬試験 選鉱製錬試験報告 第一回 昭和2年の
瀬戸産呉須土の分析表)

酸化マンガン  10,97%
酸化コバルト   0,72%
酸化鉄・礬土  13,76%
石灰        1,56%
苦土        0,78%
不溶解残渣  68,50%


北海道でも天然呉須土みつけたいな!



【2016/02/22 19:41】 | 原料土石
トラックバック(0) |
頸(くび)長(なが)壺(つぼ)を焼いたのですが

窯出しすると

全て割れていました。あやー!?
冷め割れした長頸壺

割れ口を見ると冷め割れの様です。

うむー?

粘土は、昨年採取した鷹栖粘土で、珪質の小石ごと

粉砕して単味でつくりました。

テストピースの収縮率は

乾燥で8%  焼成で2% 合計10%で

焼成収縮少ないのが不安でしたが

案の定、冷め割れでした。

鷹栖粘土おもしろいで~す。

御口直しに
掛け花入れ
(鬼板釉掛け花入れ)

【2016/02/19 00:18】 | 原料土石
トラックバック(0) |
旭川ギャラリージュンクでの個展に

ご来場していただいた皆様

本当にありがとうございました。

厳冬の旭川での展示でしたが

来年の2月も展示予定です。

次の新作つくりのため工房の長田の沢へ

来たとき気が付いた木柱の街灯です。
長田の沢の街灯

昭和の匂いプンプンだね~。

【2016/02/16 14:46】 | 工房周辺
トラックバック(0) |
昨年、旭川の骨董屋さんで買った

沖縄やちむん?を紹介します。

3寸の小皿です。1個は口縁にキレがはいってます。

素地は荒いせいか裏部分にピンホールがあります。

いつごろの何処の窯の物かは解かりませんが

沖縄やちむんと思い買いました。
豆皿沖縄

豆皿裏


【2016/02/13 11:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
旭川ギャラリージュンクで

個展2日目です。
ジュンクギャラリー

昨日、工房に帰り窯だしした新作を

今日持ってきました。
鷹栖粘土新作

昨年暮れ鷹栖町で見つけた粘土で

徳利とぐいのみ、湯呑を作りました。

釉薬はモミ灰の糠白釉です。

自作の呉須土で草絵付けしてます。


もう一点新作紹介します。
磁器呉須絵鉢1
磁器呉須絵鉢2

手掘り採集した道南陶石で作った磁器鉢です。

絵付けは、自作呉須土を使用してます。

興味のある方はギャラリージュンクへお越しください

15日まで開催しております。



【2016/02/11 14:13】 | 作品紹介
トラックバック(0) |
明日、10日から旭川フィール内ジュンク堂書店の

ギャラリーで作品展します。

ー道内土・石を焼くー
白戸孝行陶展
2月10日(水)~15日(月)
10:00~19:30(最終日17:00終了)
旭川フィール ギャラリージュンク

炻器変形鉢

【2016/02/09 16:23】 | 展示会
トラックバック(0) |
最近、作品撮影用の簡易スタジオ?を

作ってみました。
スタジオ3

ホームセンターから仕入れたシート以外は

廃材を使用。設置場所は工房の玄関です。

制作費はほんの数百円!

さてさて、その出来具合は

さっそく撮影してみました。
鬼板釉3
(鬼板釉鉢)

太陽の位置が低く玄関のすりガラスを通し

直接光が作品に当たってます。

撮影時間と天候に左右される

簡易スタジオ?です。(*´ω`)┛

【2016/02/04 19:46】 | 未分類
トラックバック(0) |