北海道の炻器粘土で器を作っています。
今年は例年になく、降雪が早く来たようです。

工房前

長田の沢も真冬の景色。

枯草の茎

季節を色で表すと、春は青、夏は朱、秋は白、冬は玄(黒)。

今日、焼き上がった作品です。

鬼板釉片身変わり酒器
鬼板釉黒片身変わり徳利

鬼板釉黒変形鉢
鬼板釉黒変形鉢

鬼板釉黒皿
鬼板釉黒皿

やはり、冬は玄(黒)だね………?


【2016/11/25 15:23】 | 作品紹介
トラックバック(0) |
工房の暖房は、薪ストーブです。
薪ストーブ

燃料の薪は、市内の製材会社の廃端材です。主にトドマツとのこと。
廃端材

ストーブから出る灰は灰釉薬に使用しています。

さて、今日は自家製呉須土で冬木立文の絵付けしてます。
自家製呉須土と冬木立文絵付け

仕事の合間に、自家製急須と湯呑でお茶を一服。
工房で使用の急須と湯呑

【2016/11/13 14:59】 | 朝の工房
トラックバック(0) |
 先日、鷹栖の陶人社さんの調合した粘土を購入。
陶人社粘土

とても扱いやすい、道内原料83パーセントの粘土です。焼き上がりが楽しみです。

いよいよ、長田の沢も
今季の長田の沢

冬景色!

この時期、寒空の下で咲くキクイモの花
キクイモの花

なぜか、ものしい美しさ。根には芋がついている。

この芋、みそ漬けにすると、美味しい漬物ができます。

れ枝に残る赤い実に、え冷えと雪がてついている
赤い実と雪

今日この頃、美しい。

マイブーム

いま、この本が、マイブーム!

【2016/11/12 13:11】 | 原料土石
トラックバック(0) |
 公園や個人の庭などにも良く見かける

ホウキクサ(コキア)の赤く染まった株を

いただきました。

さっそく工房内で乾燥です。
ホウキクサ

外では雪がチラホラ遊んでます。

乾燥したホウキクサは、櫛をかけ、葉や種を落とし

根元を縛り、工房内を掃除するときのホウキに使用します。

 雪が積もる前に、炻器粘土を採りにいってきました。
粘土採収

 土掘りから始まる私の仕事、陶芸の全ての工程を一人でコツコツと骨のおれる作業ですが

これが楽しい。((∩^Д^∩))

 作品紹介
チューブ型掛け花入れ
(チュウブ型掛け花入れ)

 




【2016/11/02 17:54】 | 未分類
トラックバック(0) |