北海道の炻器粘土で器を作っています。
最近、道内陶石を使った磁器を試作しています。

磁器は、陶石という白い石が主な原料です。

道内には数箇所で陶石の存在が確認されています。

道内陶石
左3点は道南の陶石です。左から、江差町の田沢陶石と円山陶石、松前町の松前陶石、右端が留辺蘂町の奔無加陶石です。

この他に壮瞥町の蟠渓陶石があります。

松前陶石はセリサイトを含み、九州の天草陶石に匹敵する陶石です。

私の使用した陶石は田沢陶石です。

一輪差し磁器
田沢陶石は耐火度が低い(SK10-)ので、硅石、蛙目粘土を加えて使用してます。

草絵の呉須は、採収した鬼板に酸化コバルトを1%混ぜて作ってみました。

他の陶石の耐火度は、円山陶石(SK19)・松前陶石(SK27)・奔無加陶石(SK12)・蟠渓陶石(SK29)

参考のために、石を投げるのは投石です。(笑)!!くだらないって、石を投げられそう!!!

【2017/03/08 13:42】 | 原料土石
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック